世界銀行、サステナブル・ディベロップメント・ボンド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

世界銀行、サステナブル・ディベロップメント・ボンド

信金中央金庫がサステナブル・ディベロップメント・ボンドに投資

https://www.worldbank.org/ja/news/press-release/2020/09/09/shinkin-central-bank-sdb-drm

富国生命がサステナブル・ディベロップメント・ボンドに投資

https://www.worldbank.org/ja/news/press-release/2020/09/24/fukoku-life-sdb-education-covid-19

BNPパリバ証券株式会社、世界銀行発行の「サステナブル・ディベロップメント・ボンド」の発行を支援

https://www.bnpparibas.jp/jp/2020/08/28/ibrd-sustainable-development-bond/

世界銀行、初のサステナブル・ディベロップメント・ボンド・インパクトレポートを発表

2020年5月14日 ワシントンDC-世界銀行(正式名称:国際復興開発銀行(IBRD)、ムーディーズ: Aaa、スタンダード&プアーズ: AAA)は本日、世銀債と世銀債が支えるIBRD の活動全体の成果を纏めた初のインパクトレポートを発表しました。サステナブル・ディベロップメント・ボンド・インパクトレポート2019は、IBRDが発行する債券(世銀債)の資金が、様々な分野の持続可能な開発にどのように活用され、その開発プロジェクトがどのように持続可能な開発目標(SDGs)を支援しているのかを説明しています。

世銀債で調達された資金は、加盟国で実施する持続可能な開発プロジェクトやプログラムへの融資の原資となっています。世界銀行は、持続可能な開発における民間資金の活用を促進すべく、投資家との戦略的なパートナーシップ構築を資本市場での世界銀行の取り組みにおける優先事項としています。

世界銀行は、高い透明性と厳格な情報開示基準で資本市場をサポートし、持続可能な社会の実現に向けてより多くの民間資金を導入するために、市場参加者に市場の改善を働きかける取り組みを行っています。その取り組みにおいてサステナブル・ディベロップメント・ボンド・インパクトレポートは重要な役割を果たします。

「世界銀行のサステナブル・ディベロップメント・ボンド(世銀債)は、環境、社会、ガバナンスを重視した投資家の投資戦略の手段となり、開発による支援の目標達成に貢献します。」と専務理事 兼 世銀グループ最高財務責任者 (CFO)のアンシュラ・カントは述べています。「世界銀行初となるインパクトレポートは、全ての世銀債が世界に与える影響について纏めたものです。情報開示や透明性、世界の資金を持続可能な開発金融に繋ぐ資本市場の力を向上させる本レポートを発表できたことを嬉しく思います。世界銀行の強固な財務基盤と、最近の新型コロナウィルス感染症拡大への対応を含む世界銀行の途上国への支援に対し、投資家の皆様に継続的な信頼をいただいていることに感謝いたします。」

本レポートには、SDGsに貢献する投資として世界銀行はどのように投資家と取り組みながら世銀債を発行しているのか、そしてその具体的な発行事例も含まれています。世界銀行は2018年度より世銀債発行契約書に資金使途の明細を記載しています。これを受けて「インパクト・ハイライト」のセクションでは、2019年度に融資資金の払い込みが完了した71件のIBRDのプロジェクトの成果とSDGsとの照合、2018年度と2019年度に承認且つ融資が開始された84件のプロジェクトの期待される成果を紹介しています。本レポートはまた、IBRDの支援国のプロジェクト事例を含む世界銀行グループの新型コロナウィルス感染症拡大への対応についての情報も含んでいます。

投資家の期待に応える内容とすべく、レポートの作成に不可欠なプロセスとして、投資家とその他資本市場に参加する関係者との協議を実施しました。本レポートは、成果に関する情報に加え、世界銀行のプロジェクトサイクルとセーフガード及び国際資本市場協会(ICMA)が策定したサステナビリティボンドガイドラインと呼ばれる債券発行フレームワークとの連携についても報告しています。

世界銀行(正式名称:国際復興開発銀行)について

世界銀行(国際復興開発銀行、通称IBRD:International Bank for Reconstruction and Development)は、1944年に設立が合意された国際開発金融機関で、現在189の加盟国が出資し運営しています。加盟国の公平で持続可能な経済成長を目指し、地域及び世界規模の経済や環境問題に効果的に対処していくために、IBRDは中所得国に対し、融資・保証、リスク管理サービスに加え、開発に関わる様々な分野の専門的な分析・助言サービスを提供しています。世界銀行の目標は、世界全体の極度の貧困を終結し、すべての人々が共に豊かに暮らせるよう繁栄を共有させることです。世界銀行は融資資金を調達するために、70年以上にわたり国際資本市場で債券(世界銀行債券)を発行しています。

https://www.worldbank.org/ja/news/press-release/2020/05/14/world-bank-launches-inaugural-sustainable-development-bond-impact-report

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。