モリサワフォントの株式会社モリサワが、新書体を2020年秋にリリース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

モリサワフォントの新書体が2020年秋にリリースされます

モリサワフォントの2020年秋にリリースする新書体のポイント

・手書きや活版印刷のニュアンスを持ったあたたかみのある和文書体
・ラテンアルファベット、キリル文字、ギリシャ文字、およびベトナム語用文字をカバーするセリフ体の欧文書体
・人気和文書体にペアカーニングを搭載したAP版
・日本語だけではなく多言語デザインの表現の幅が広がるラインナップとなる
・「黎ミン」「新ゴ」「新丸ゴ」AP版の追加
・かな書体「秀英アンチック」と「秀英角ゴシック」の漢字を組み合わせた「秀英アンチック+」の追加

モリサワフォントの2020年秋にリリースする新書体

・ぺんぱる:フェルトペンのメモ書きのような親しみやすい印象のペン字体
・くれたけ銘石(くれたけめいせき):中国晋代の碑文と日本の近代活字を復刻した柔らかなゴシック体
・秀英にじみアンチック:漫画の吹き出しや辞書の見出しなどで使用されるアンチック体にインクのにじみ加工を施した
・Lutes UD PE(リューツ ユーディー ピーイー):UD黎ミンシリーズとの併記を目的として開発されたセリフ体

https://www.morisawa.co.jp/topic/upg2020/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*