ウィズコロナ

新型コロナウィルスとビジネス環境、withコロナとafterコロナ

ウィズコロナとアフターコロナを考えてみる

新型コロナに関して、ウィズコロナとアフターコロナを考えてみる

withコロナとは

本来は、経営者や投資家の間のビジョンとして、Befor COVID-19, After COVID-19 やビフォーコロナ と アフターコロナ という文脈で論じられていたのですが、3月26日にYouTubeのnoteイベント「After COVID-19の世界〜社会は、人々は、我々は、どう変わっていくのか?」に出演した、レオス・キャピタルワークス CIOの藤野 英人 さんが、収束するまでの期間が想定以上に長くなるので、「ウィズコロナ」という考えかたの必要性を示したのが最初だと思う。

「ウィズコロナ」という言葉を初めて聞いたときに、”正に” という感じでパネリスト全員が打たれていたように感じ、私も”打たれ”ました。

事業家、投資家にとって、流れが速い状況の中においても有意義なWebイベントだったので、聞き流し程度でも見ておいて損はないと思うので貼っておきます。

《After COVID-19の世界〜社会は、人々は、我々は、どう変わっていくのか?》

withコロナとafterコロナを考える

ウィズコロナ:With COVID-19

プラスになる業種

・リモートワーク関連:仕事は止められない

・店舗以外(自宅)での飲食:食事は止められない

・ネット完結の暇つぶし:何もしないことはできない

マイナスになる業種

3つの蜜体験型ビジネス は壊滅的影響です

・ライブハウス➡オンラインライブ関連ビジネスにはプラス

・ジム➡オンライントレーニングサービスが生まれ増えている

・レストラン、特に飲酒を伴う夜型店舗➡テイクアウト支援、フードデリバリー、オンライン飲み会

・学習塾➡在宅学習、通信教育、オンライン学校

・医療➡オンライン医療

・旅行➡ここはちょっとわからないですが飛行機を使わない国内旅行は活路があると思います。パスポート+飛行機の組み合わせが一番ハードル高く、インバウンドも同様

・シェアリングビジネス➡ここもちょっとわからないですね

アフターコロナ:After COVID-19

■ここは現状ではよくわからないので、考察中です

・どこまで元に戻るのか

・何が滅びるのかか

・何が新しく生まれ成長するのか

アメリカで新型コロナで入院したときの治療費個人負担額がスゴイ

アメリカの新型コロナ治療費の個人負担額、保管加入、非加入比較

 健康保険 非加入:460万円~805万円

 健康保険 加入:238万円~420万円

4人家族で、2人感染⇒重篤化すると普通の家庭では無理ですね。

 

 

東京都が移転資金貸付金の返済期限延長を実施

東京都が新型コロナウイルス感染症の影響により納付期限内の返済が困難な場合、移転資金貸付金の返済を猶予

アフターコロナのテレワーク/リモートワーク日記|News for You (n-yu.com)

どんなに黒字が出ていても、企業はキャッシュフローが詰まってしまうと存続できない。

事業主は、生き残りをかけてキャッシュフロー対策だけはどんな手を使っても実施したほうが良い。

東京都の移転貸付金返済猶予も使える人は使いましょう。

移転資金貸付金の返済猶予条件

  • 対象者:新型コロナウイルス感染症の影響により納付期限内の返済が困難と認められる方
  • 猶予:都から郵送する猶予申請書の提出を受け、審査をしたうえで、最長で1年間、納付期限を猶予します。
  • 受付開始日:令和2年4月1日
  • 対象期間:令和2年4月1日から同年9月末までに納期限が到来するもの
  • 連絡先:都市整備局市街地整備部管理課

「六本木アートナイト 2020」5 月開催取止めに関するお知らせ – ウィズコロナ

リアルイベントからオンラインイベントへ

リアルイベントからオンラインイベントへ

イベントがどんどん中止になってるね、オリンピックが延期になるくらいなので仕方がないとはいえ、準備してきた関係者にとっては心が折れかねないことだと思う。

しかし、生き残るためには変化が必要ということで、イベントのオンライン化の流れは避けられない。

というか、Zoomなどオンラインイベントの敷居が圧倒的に低いので必然ですね、居酒屋もオンライン化して生き残ろうとしているくらいなので。

旅行はオンライン化できるのか考え中です。

-以下引用-

2020 年 4 月9日
報道関係者各位六本木アートナイト実行委員会
「六本木アートナイト 2020」5 月開催取止めに関するお知らせ
2020 年 5 月 30 日(土)〜31 日(日)に開催を予定しておりました「六本木アート
ナイト 2020」は、新型コロナウイルス感染症の影響により、今年 5 月の開催を取止め
ることにいたしました。
今後の開催につきましては現在未定ですが、共同主催者である東京都、公益財団法人
東京都歴史文化財団 アーツカウンシル東京 、港区とともに協議・検討してまいります。
また、今後の方針が決定いたしましたら、ウェブサイト等でお知らせいたします。
「六本木アートナイト 2020」を楽しみにしてくださっていた皆さまには、心よりお
詫び申し上げます。
感染拡大防止のため、このような判断となりましたこと、何卒ご理解賜りますようお
願い申し上げます。
報道関係のお問い合わせ
六本木アートナイト実行委員会 広報プロモーション事務局 (PR01.内)担当:三上・小谷
TEL:03-5774-1420 / Mail:ran2020@one-o.com