2020年 6月 の投稿一覧

RCSとは?

RCSはSMSの次世代規格

RCSは、Rich Communication Services(リッチコミュニケーションサービス)の略です。

ガラケー時代からある、携帯電話のテキストコミュニケーションであるSMSの次世代規格となります。

実用化されているRCSの例

+メッセージ

+メッセージというRCSサービスは、日本のNTTドコモ、au、ソフトバンクが使用、楽天は楽天LinkというRCSサービスですが相互接続はできないようです。

大手金融系企業7社、大手携帯会社3社にトッパン・フォームズを加えた11社で「+メッセージ」を活用した共通手続きプラットフォーム「AIRPOST」というインフラが2020年6月末から稼働するようです。

joyn

joynというRCSサービスは、韓国のKTやLG Uplus、SKテレコム、フランスのOrangeなどで使用されているます。

Message+

Message+というRCSサービスは、スペイン・英国・ドイツなどのvodafoneが使用しています。

VUIとは?

VUIとは、Voice User Interface(ボイスユーザーインターフェース)

GUIがGraphical User Interface(グラフィカル・ユーザ・インターフェース)となりグラフィック(ビジュアル)を活用して人間の視覚を活用してコンピュータデバイスとやり取りをするのに対し、VUIは、Voice User Interface(ボイスユーザーインターフェース)となり人間の声帯と聴覚を使ってコンピュータデバイスとやり取りをすることです。

要は、iPhoneのSiri、Google AndroidのGoogleアシスタント、Amazon Alexaなどと言えばわかりやすいですね。

 

接触確認アプリCOCOA、COVID-19 Contact-Confirming Applicationに関するニュース

厚生労働省の接触確認アプリCOCOAに関するニュースをまとめました

接触確認アプリ-COCOAをダウンロードしているなど感染拡大防止意識が高い方へチアダンス1曲プレゼント

2020年7月10日

チア居酒屋「チアーズワン」、チアリーダーの必須アイテム“ポンポン”と“フェイスシールド”でソーシャルディス「ダ」ンス! また、接触確認アプリ「COCOA」をダウンロードしているなど感染拡大防止意識が高い方へ、チアダンス1曲をプレゼント!7月14日~8月末日迄

ハンモック社、接触確認アプリ COCOA を全会社支給スマートフォンに導入完了

2020年7月6日

法⼈向けソフトウェアパッケージ、クラウドサービスを提供する株式会社ハンモック(本社:東京都新宿区、代表取締役社⻑:若⼭ ⼤典)が、接触確認アプリ COCOA をすべての会社支給スマートフォンに導入したと公表しました。

接触確認アプリ COCOA の認知度やインストール状況の調査

2020年6月30日

ユーザー参加型のランキングコミュニティみんなのランキングが、新型コロナウイルス接触確認アプリ「COCOA」に関するアンケートを行った。

日本全国の2,000名を対象に、接触確認アプリ COCOA について調査概要

接触確認アプリ COCOA を知っていますか?

COCOAを知っている:63.15%

COCOAを知らない:36.85%

接触確認アプリ COCOA をインストールしましたか?

COCOAをインストールした:9.25%

COCOAをインストールしていない:88.35%

都道府県別の接触確認アプリ COCOA のインストールランキング

COCOAインストール率 1位:岩手県

COCOAインストール率 2位:大阪府

COCOAインストール率 3位:埼玉県

COCOAインストール率 4位:山梨県

COCOAインストール率 5位:東京都・三重県・徳島県・長崎県

インストール率ランキング1位は“感染者ゼロ”の岩手県!

 

F1層女性の 接触確認アプリ COCOA 普及率調査

2020年6月26日

ウェディングプランナー登録数日本最大!結婚式業界唯一のチャット相談プラットフォーム「PLACOLE WEDDING」を運営する、冒険社プラコレが、20代~30代女性1447名に接触確認アプリ COCOA についての調査を実施した。

6月19日にリリースされた、新型コロナウイルスの接触確認アプリ「COCOA」のダウンロード率は全体の13%。23日17時時点において、iOS、Androidの合計で約392万件ダウンロード国内割合約3%と比べ、多くのF1層女性に普及し、ダウンロードされていることが分かりました。

 

接触確認アプリCOCOAの提示で飲食が安くなる「COCOA割り」を開始

2020年6月20日

DELICIOUS株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役:大山圭太)が、厚生労働省の接触確認アプリ(COCOA)を積極的に利用する為に、店頭でアプリを見せるだけでお得な割引を受けられるサービスを開始した。

ランチのレシートと料理の画像をアップロードする事で毎日800円キャッシュバックされるサブスクサービスDELICIOUSに登録の際、接触確認アプリ COCOA をインストールしたことをスクリーンショットを撮って申請すると会費が「初月のみ100円引き」になる。

また、接触確認アプリ COCOA をモンゴルカレー「まるお」(福岡県北九州市戸畑区境川2丁目4-10)の店頭で掲示すると、「気持ち多めに」ルーを注いでくれます。
東新宿サンラサー(東京都新宿区新宿6丁目27-17)も本企画に賛同する。

モリサワフォントの株式会社モリサワが、新書体を2020年秋にリリース

モリサワフォントの新書体が2020年秋にリリースされます

モリサワフォントの2020年秋にリリースする新書体のポイント

・手書きや活版印刷のニュアンスを持ったあたたかみのある和文書体
・ラテンアルファベット、キリル文字、ギリシャ文字、およびベトナム語用文字をカバーするセリフ体の欧文書体
・人気和文書体にペアカーニングを搭載したAP版
・日本語だけではなく多言語デザインの表現の幅が広がるラインナップとなる
・「黎ミン」「新ゴ」「新丸ゴ」AP版の追加
・かな書体「秀英アンチック」と「秀英角ゴシック」の漢字を組み合わせた「秀英アンチック+」の追加

モリサワフォントの2020年秋にリリースする新書体

・ぺんぱる:フェルトペンのメモ書きのような親しみやすい印象のペン字体
・くれたけ銘石(くれたけめいせき):中国晋代の碑文と日本の近代活字を復刻した柔らかなゴシック体
・秀英にじみアンチック:漫画の吹き出しや辞書の見出しなどで使用されるアンチック体にインクのにじみ加工を施した
・Lutes UD PE(リューツ ユーディー ピーイー):UD黎ミンシリーズとの併記を目的として開発されたセリフ体

https://www.morisawa.co.jp/topic/upg2020/

Mastercardが世界の79%のユーザーがコンタクトレス決済を利用

Mastercardの調査レポートから

Mastercardが4月に行ったグローバル調査、コンタクトレス決済の利用状況

世界の79% がコンタクトレス決済の利用している

アジア太平洋地域の91% がコンタクトレス決済の利用している

 

コンタクトレス決済への移行

オーストラリア71%

インド77%

中国73%

日本62%

 

世界におけるデジタル商取引の売上高

世界におけるデジタル商取引の売上高は、2020年第1四半期に前年同期比で20%増加

 

アジア太平洋地域においてオンライン購入を今後増やす予定

オーストラリア30% のユーザーがオンライン購入を今後増やす予定

インド49% のユーザーがオンライン購入を今後増やす予定

中国55% のユーザーがオンライン購入を今後増やす予定

日本34% のユーザーがオンライン購入を今後増やす予定

 

アジア太平洋地域において店頭での買い物は今後減少する予定

オーストラリア38% のユーザーが店頭での買い物は今後減少する予定

インド68% のユーザーが店頭での買い物は今後減少する予定

中国57% のユーザーが店頭での買い物は今後減少する予定

日本40% のユーザーが店頭での買い物は今後減少する予定

 

現金の使用頻度を減らす予定

アジア太平洋地域46%

オーストラリア52%

インド49%

中国43%

日本41%

 

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000035.000037691.html

 

オラクルの医療ビジネス Oracle Health Sciences

オラクルが臨床試験電子化サービスClinical One Data Collection Cloud Serviceを発表

医療ビジネスにも力を入れているオラクルが、Clinical One Data Collection Cloud Serviceを発表しました。

「臨床試験におけるデータ収集の概念を刷新するEDCを超える新機能」

と発表されているので臨床試験領域の電子化であるEDCに関連するするサービスだと思われます。

EDCとは、Electronic Data Captureの略で、従来製薬会社が臨床試験を「紙」の症例報告書で症例データを扱っていたものを、電子的にデータを取得し扱うことです。

オラクルの医療ビジネスという点が気になっただけで、この分野は詳しくないので詳細はオラクル社のリリースを見てください。

eClinical テクノロジーの先駆者であるOracle Health Sciencesは、Clinical One Data Collection Cloud Serviceを発表しました。Oracle Clinical One Data Collectionは、どのようなデータソースのデータも単一の統合されたプラットフォームに取り込む機能によって、テクノロジーがどれだけ臨床試験の効率を改善し画期的治療法の実現を加速できるかを再定義します。

https://www.oracle.com/jp/corporate/pressrelease/jp20200619.html

 

 

PhotoshopやPDFで有名なアドビシステムズがアドビに社名変更

アドビシステムズ株式会社からアドビ株式会社へ

1992年に設立し、PhotoshopやPDFファイルで有名なアドビシステムズ株式会社は、2020年6月18日にアドビ株式会社に社名変更しました。

変更日:         2020年6月18日
新法人名:      アドビ株式会社(Adobe KK)
旧法人名:      アドビ システムズ 株式会社(Adobe Systems Co., Ltd.)

アップルも昔は「アップル・コンピュータ」という社名でしたし、スターバックスも以前は「スターバックス・コーヒー」だったのですが、会社が大きくなり業務分野が広くなるにつれて、ブランドも広義に解釈できるように変更したほうが便利ですよね。

アドビ株式会社もPDFファイルなどのドキュメント事業、Photoshopなどデザインツールのクリエイティブ事業、そして最近勢いのあるデジタルマーケティング分野のエクスペリエンス事業をクラウド化シフトし、Adobe Creative Cloud、Adobe Document Cloud、Adobe Experience Cloud という事業分野になり、これからも時代の変化に合わせて変化していくための布石ですかね。

ちなみに2018年に米アドビは社名をAdobe Systems Inc.からAdobe Inc.へ変更済です。