RCSとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

RCSはSMSの次世代規格

RCSは、Rich Communication Services(リッチコミュニケーションサービス)の略です。

ガラケー時代からある、携帯電話のテキストコミュニケーションであるSMSの次世代規格となります。

実用化されているRCSの例

+メッセージ

+メッセージというRCSサービスは、日本のNTTドコモ、au、ソフトバンクが使用、楽天は楽天LinkというRCSサービスですが相互接続はできないようです。

大手金融系企業7社、大手携帯会社3社にトッパン・フォームズを加えた11社で「+メッセージ」を活用した共通手続きプラットフォーム「AIRPOST」というインフラが2020年6月末から稼働するようです。

joyn

joynというRCSサービスは、韓国のKTやLG Uplus、SKテレコム、フランスのOrangeなどで使用されているます。

Message+

Message+というRCSサービスは、スペイン・英国・ドイツなどのvodafoneが使用しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*