JCB の おまとめコード決済サービス Smart Code について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

JCBのSmart Codeとは?

JCBが策定し運営しているQRコード決済のおまとめサービス。

店舗でコード決済を導入するとき、コード決済業者と店舗運営者が商談して、契約して、機器を設置してなどを経て導入しますが、店舗からすると なんとかPayが多すぎて個別対応するのが結構大変、コード決済業者からしてもPaypayのような体力に自信がある会社なら日本全国の店舗運営者にローラー営業できるが、そんな体力持っているところは少ない。

そこでJCBがコード決済会社と店舗の間に入ってプラットフォームを作り、コード決済会社も店舗運営者もJCBとやりとりするだけで、スムーズに導入ができるという仕組み。

JCBのSmart Codeにおける役割は?

コード決済会社と店舗をつなぐ決済処理センターを運営し、店舗の加盟店契約もJCBがとりまとめ一本化することで、コード決済事業者と店舗運営者が煩わしい契約業務などを省略して簡単にコード決済サービスを導入するためのサポートをする。

JCBのSmart Codeに対応しているコード決済サービスは?

現状以下のようです、LINE Payの延長でPaypayも入ると勢いつきそうですね。

atone(アトネ)
au PAY
銀行Pay
K PLUS(ケープラス)
pring(プリン)
メルペイ
LINE Pay(ラインペイ)

銀行PayにはゆうちょPayなども含まれています。

3つもあってとても混乱する 銀行系Payについてはこちら

 

参考サイト:https://saisoncard-promotion.com/jcb/jcb-smartcode.html

公式サイト:https://www.jcb.co.jp/merchant/services/payment/codepay.html

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*