Mojo Vision(モジョ・ビジョン)とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

Mojo Vision(モジョ・ビジョン)はスマートコンタクトレンズであるMojo Lensの開発会社

Mojo Vision Inc.(本社:カリフォルニア州サラトガ、代表取締役:Drew Perkins)は、アイデアや情報の融合、そして人の交流を再構築する製品やプラットフォームの開発を専門とし、インビジブル・コンピューティングを追求している企業。

先駆的な製品やプラットフォームの開発で数十年の実績を有する技術者によって創立され、New Enterprise Associates(NEA)、Khosla Ventures、Gradient Ventures、KDDI Open Innovation Fundなど、世界をリードする技術投資家の支援を受けており、資金調達総額は1億5900万ドルを超えている。

また、初の本格的スマートコンタクトレンズであるMojo Lensの開発に取り組んでいる。

株式会社メニコンと Mojo Vision が提携

日本で初めて角膜コンタクトレンズを実用化して以来、約70年間に渡り革新的な製品を提供してきた国内最大手のコンタクトレンズメーカーであり、コンタクトレンズの素材及びレンズデザインの開発に始まり、レンズやケア用品の製造など、コンタクトレンズ関連の全事業領域に対する豊富なノウハウを持っている 株式会社メニコン(本社:名古屋市中区葵三丁目21-19、代表執行役社長:田中英成)と2020年9月21日にスマートコンタクトレンズの共同開発契約を締結したことも発表されている。

スマートコンタクトレンズ Mojo Lens

拡張現実(AR)を利用したスマートコンタクトレンズ Mojo Lensは、視界を遮ったり、目の動きを制限したり、コミュニケーションを阻害することなく、ユーザーの自然な視野に画像や記号、テキストを重ねて表示する。

また、Mojo Lensは、画面を見下ろすことを強制したり、人や周辺の景色への焦点を外したりすることなく、ユーザーが望む有用でタイムリーな情報をビルトイン・ディスプレイにより提供する技術となっており、Mojo Visionは、この技術を「インビジブル・コンピューティング」と呼んでいる。

Mojo Lensには、史上最小かつ最高密度のダイナミックディスプレイ、コンピュータビジョン用に開発された超省電力イメージセンサー、高帯域幅の低電力無線通信器、高精度のアイトラッキングおよびぶれ補正用モーションセンサーなど、画期的な独自の技術が多数取り入れられている。

 

《人気の記事一覧|n-yu.com》

クレジットカードの国際ブランドの種類、イシュア、アクワイアラとの違い

プレスリリース 無料 配信 で 無料PR する方法

ディープエル翻訳 とは、DeeplはGoogle翻訳を超えた!?

YouTubeファミリー プラン とは? 料金、履歴、友達 利用など

ベーゼンドルファー 自動演奏ピアノ ヤマハから発売

Google検索オプション 一覧、検索を使いこなす

これは便利 Gmail ショートカット で 生産性150%UP?!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。